頚肩腕症候群

頚肩腕症候群

頸椎椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、胸郭出口症候群などの総称です。

頸椎椎間板ヘルニアは、発症する条件があり、なるべくしてなると考えます。
つまり単純な話、この条件を一つ一つ取り除くことが重要です。

なぜ椎間板がつぶれてしまったかを考え、対処しなければ、回復はありません。
手術を行ったとしても、それは、外に飛び出した椎間板を削っているだけにすぎず、つぶれてしまった原因・条件まで、目が向いてません。
つぶれた原因・条件が変わらなければ、また痛くなることも少なくありません。

実際、術後に症状の改善があまりみられず、来院する方も多くいらっしゃいます。
当院では、症状の緩和と再発を防ぐように治療していきます。