筋肉痛・神経痛・関節痛

筋肉痛・神経痛・関節痛

これらの痛みの多くは、患部=痛みの原因とは限りません。
なぜそこに痛みが出るのかを徹底的に追及する必要があります。

また「痛い」ということは必ずどこかに過度な負担が入ってるということなので、
その負担が入る原因を取り除く必要があります。

原因が分かれば対処、改善できるわけです。
ただ患部をほぐすだけでは、根本的な改善はしません。

人間の体はすべて協調して動いているので、どこかに問題があれば、必ずどこかに負担が入ります。
「痛み」は体からの警告であり、また結果なのです。

痛みの原因を一つ一つ丁寧に取り除いて根本から改善していきます。